萌えると涙が出るの。
腐女子による腐った内容が多々な萌え日記。お気を付けください。

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

桃

  • Author:桃
  • 音楽・ライブ・ゲーム・エロ声
    マンガ大好きなおたくちゃんです。

手ブロ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

幽遊白書
土曜日、SD友達と遊んできました。
そのうちお人形を超えてマンガの話になっていって、幽遊白書へと話が移っていって…。
年齢は違えど幽遊白書の話で盛り上がれるのがなんか嬉しかったです。
思い返せば…このやおい世界にはまったのは幽遊白書がきっかけでした…。
蔵馬でしたねぇー。彼に惚れてた甘酸っぱい思春期。
蔵馬から鴉への乗り換えも早かったですが(苦)。
↑の二人は今でも大好きなのですが、なぜかカップリングする相手が見つからず、鴉×蔵馬でもなんか違和感があって、それぞれピン萌えしておりました。

そんななか一番カップリングで萌えてたのが陣×凍矢。
もう彼らはかなり萌えてました。
私のクールビューティー好きは凍矢で基礎付けられたといっても過言ではないかもしれません。
どこか色っぽいんですよね、彼は…。
氷を使うところもこれまたいい……(*´ェ`*)

陣も幼さを残しつつもしっかりとした自己を持っていて、けっこう大人なんですよー。
凍矢に「守ってあげないと」って思わせてあげてるといいますか、なんだかんだで手の平で転がしているのは陣だと思います。
それも企んでいるわけではなく天然で…。
さすがは魔性使い…魔性の男なんですね(謎)。

私は仙水編が終わってから幽遊白書を見なくなったのですが、18巻あたりで彼らがまた登場しているというので、コミックを集めてしまう予感(笑)。
どんな感じになっているのか、知りたいですねぇー。

完全版?愛蔵版?がでたとはいえ、ピークもすぎたこの幽遊白書に今更萌えてどうする。って感じですが、地味に萌えてたりします。
でも、陣と凍矢相変わらず人気はあるようで、良かった?(*´∇`*)


この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可